第七の栄養素 - フィトケミカル

フィトケミカルは、野菜や果物に、豆類などの植物性食品の中に含まれている植物由来の化学成分のことです。※別名:植物由来の抗酸化栄養素。

植物が紫外線や虫といった外敵から身を守るために作り出した非常に抗酸化作用が強い物質の総称がフィトケミカルであり、 病気の予防や健康維持、美容に役立つ作用が今注目を浴びている第七の栄養素なんですね。

※5大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル) 第六の栄養素=食物繊維

日頃からフィトケミカルを摂取しているかいないかでは体の調子や老化スピード、細胞の活性度に大きな違いが生まれるといわれていますから、 特に若さを維持したいという人にとっては必要不可欠な成分だといわれています。

フィトケミカルを摂取する効果、メリットは?

フィトケミカルはその植物の「色素成分」「香り成分」「苦味成分」となっているものが多いです。 例えば野菜や果物の鮮やかな皮の色というのは紫外線から身を守るためのものですし、苦みや香り、渋みやえぐみは、 虫や鳥や小動物に食べられないための植物の知恵といえます。

こうした植物が外敵から身を守るためにつくりだした成分(=フィトケミカル)に強力な抗酸化力があるというのは 当然といえば当然なんですね。

フィトケミカルは数千~数万という種類があり、共通するのは強力な抗酸化力があるということですが、個別具体的には 抗ガン作用や免疫力の向上、視機能向上、体脂肪燃焼、セラミド産生促進、血行促進などさまざまな効果効能があります。

現代人の健康維持にフィトケミカルが必要な理由

野菜や果物の摂取量が少ない日本人は慢性的にビタミンやミネラルが不足しているといわれています。 マルチビタミンのサプリなどを利用して不足分を補っている人も多いでしょう。

野菜や果物を摂取する重要性というのはビタミンやミネラルを摂取できるからというのはもちろんですが、 フィトケミカルを摂取できるという点でも非常に重要です。

特に人体にもともと備わっている抗酸化力というのは加齢とともに衰えていきますから、それをサポートしてくれるフィトケミカルを摂取するということは、 美と若さと健康を保つうえでは不可欠といえます。

そんなフィトケミカルを摂取するならやっぱりサプリよりも普段の食事からです。野菜や果物を生のまま食べるメリットにはビタミンやミネラル、 それから酵素を摂取できるという理由もありますが、フィトケミカルも摂取できるということも覚えておいてください。

フィトケミカルの分類

フィトケミカルは数千から数万あるといわれているわけですが、成分の特徴から大まかに分類すると以下のようになります。

◎ カロテノイド系(主に皮の色を決める天然色素成分)
・カロテン・βカロチン・リコピン・αカロチン・キサントフィル・ルテイン・アスタキサンチン・カプサイシン・ゼアキサンチン

◎ ポリフェノール・フラボノイド系(主に光合成のときにつくられる成分)
・アントシアニン・カテキン・イソフラボン・ショウガオール

◎ イオウ化合物(含硫化合物)(主に刺激臭の成分)
・アリイン・アホエン・アリシン(硫化アリル)・イソチオシアナート

他にも野菜や果物の色からフィトケミカルを分類するという方法もあります。当サイトでは初心者にもわかりやすいのでこちらの方法を採用しています。

「フィトケミカルの基本」カテゴリのその他のメニュー

活用の仕方とルール・・・フィトケミカルを摂取する際のルールをまとめてみました。
フィトケミカル豆知識・・・効率よく効果的にフィトケミカルを摂取する方法を紹介します。

Page top icon