にんじん、かぼちゃ、柿etc...

オレンジ色の野菜・果物というのは「にんじん」「かぼちゃ」「柿」「パパイヤ」があります。含有されているフィトケミカルとしては「β-カロチン」「ゼアキサンチン」があります。

β-カロチンの作用・効果について

にんじんやかぼちゃに多く含まれているβ-カロチンは、体内に摂取されることでビタミンAへと変化します。 ビタミンAは肌の乾燥や肌荒れを防ぎ、シミやしわといった予防やニキビ予防にも効果があると言われています。

β-カロチンには抗酸化作用があるため、血液の悪玉ともいわれるコレステロールを防止する働きもあり、動脈硬化を防ぐ機能も期待できます。 また風邪を引きにくくする作用があります。

ビタミンAは妊娠中には摂取しすぎると胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるとも言われていますが、 β-カロチンの場合体内で必要に応じてビタミンAに変化されるため過剰摂取する心配がないので妊婦さんでも安心して摂取できます。

ゼアキサンチンの作用・効果について

ゼアキサンチンは、レバー、卵黄、オレンジ、マンゴーなどに多く含まれているカロテノイド系の色素です。 人間の体内にも存在し、網膜の黄斑に存在している成分でもありますが、体内で生成されるものではないため、食品から摂取する必要があります。

このゼアキサンチンは、ルテインとその作用が非常に似ていて紫外線を吸収することで活性酸素を抑制し、黄斑の正常化を保つという効果が期待できます。

また、目の網膜が酸化しないように外部刺激から目を保護してくれるため、白内障や緑内障などといった目の病気を予防したり、視力低下の予防にも役立ちます。

「7色の野菜・果物に含まれるフィトケミカル」カテゴリのその他のメニュー

赤系の食材一覧・・・トマト、赤パプリカ、スイカなど
緑系の食材一覧・・・ブロッコリー、ピーマンなど
紫系の食材一覧・・・アサイー、茄子、ブドウなど
黄色系の食材一覧・・・とうもろこし、レモンなど
黒系の食材一覧・・・ごぼう、じゃがいも、干しブドウなど
オレンジ系の食材一覧・・・にんじん、かぼちゃなど
白系の食材一覧・・・キノコ、にんにく、ネギなど

Page top icon